ケアプロスト ルミガン 違い

ケアプロストとルミガン、どちらを選ぶべきか?

ケアプロストを購入しようと思う人の中でには、ルミガンと迷う人もいるかもしれません。

 

ルミガンが先行薬でケアプロストはルミガンのジェネリック薬という位置付けです。

 

その為、ケアプロストは同成分でありながら、価格は3割ほど安くなっています。

 

ルミガンとケアプロストは主成分は同じ「ビマトプロスト」なので、効果や副作用に関してもほぼ同じのはずです。

 

ただし、製造会社が違うので、製造方法も違う可能性があります。
そのため、成分にも違いが出る可能性があり、それが効果や副作用の差となって表れる可能性があります。

 

私はケアプロストとルミガンの両方を使ったことがありますが、違いは全く感じませんでした。

 

しかし、ネット上の口コミを見てみると、違いを感じたという人も少なくないようです。

 

ケアプロストとルミガンの違いに関する口コミ

※表現は一部変更しています

 

●ケアプロストの方が充血しやすいです

 

●ケアプロストの方が色素沈着しやすい気がします

 

●個人的にはルミガンの方が伸びると思います

 

●ルミガンから切り替えましたが特に変わりはありません

 

●ルミガンなど色々試しましたが、私にはケアプロストが合っています

 

●ルミガンだと赤くなりますが、ケアプロストだと大丈夫です

 

●ケアプロストの方が即効性があります

 

人によってルミガンが良いという人もいれば、ケアプロストの方が良いという人もいます。一概にどちらが良いかは言えません。

 

どちらを選ぶべきか?ですが、初めて使う人ならまずは値段の安いケアプロストを先に使ってみてはいかがでしょうか。

 

もし、ケアプロストが不満であれば、ルミガンを購入してみるといいと思います。

 

ルミガンが高いのでケアプロストを使ってます(20代/女性)

私がケアプロストに出会ったのは23歳の3年前になりますがなぜ使用するようになったのかというと美容専門学校に通っていた時代は毎日メイクをしなくてはいけない事が多くクレンジングなどで痛んで抜けてスカスカになっていたまつ毛に悩んでいました。元々まつ毛の量も長さも無い私はどうにかまつげを増やし伸ばしたいという思いからネットで探しケアプロストという商品を知ることになりました。

 

「まつげ 伸ばす」や「まつげ 増やす」などと検索したときにルミガンやロレアルのまつげ美容液等の商品をよく見たのですが当時学生の私にとってそこまでお金をかけることができなくちょうどジェネリックで安く売られていたケアプロストを見つけ買ってみることにしました。

 

通販サイトで画像付きの口コミを見ているとルミガンと比べて効果もそこまで差を感じず初めてまつげ美容液を使う私にとって驚くほどの効果を感じる効果を目の当たりにし副作用もそこまで気にならないという口コミをみてすぐに購入。

 

ルミガンに比べ半額位のケアプロストですが1か月ほど使ってみて最初はそこまで効果を感じられませんでしたが使用する前にとっていた目元の写真と比べてみると明らかにまつ毛が伸びているのを実感しました。元々まつ毛の密度が少なかったのですが2か月ほど経った頃には明らかにまつ毛が伸びている効果に加えて密度が濃くなっているのに気が付きました。
家に帰宅し化粧を落とした後に購入した際についてきたブラシでまつ毛の隙間を塗るように毎日1回の塗布をし3か月をたったころには友人にまつげが長いね、やまつ毛が濃くて羨ましいなどなにを使っているか聞かれるほどに伸びました。

 

副作用として口コミ等でもよく見られる色素沈着についてですが多少赤みがでる程度で保護クリームやフェイスクリーム等塗ってからケアプロストを使っている方はほとんど副作用の赤みもでず使えるようです。私自身まつげのきわに塗るだけだったので赤みやその他の副作用は気になりませんでした。

 

ケアプロストを使うようになってからまつエクをつけに行ったときにまつ毛が長く濃くなっていると担当の方にも言われやはり効果はかなりあったのかなと思います。当時ロレアルのまつげ美容液もまつ毛の保護目的で使っていたのですが合わせて使う事によってより効果があったのかもしれません。

 

元々緑内障治療薬として使われているようで、不安のある方もいると思いますが自分の体に合わなかったらすぐに使用をやめようとおもっていたので初めて使ってみようか迷っている方も安心して使えると思います。

 

私にとって安価で効果のあったケアプロストはまつげを伸ばしたい、増やしたいと思っている方にとてもお勧めしたい商品です。

→ルミガンソルーションの詳細・口コミはこちら